世界の模範になったマルマラビリリック社

マルマラビリリック社は世界最大食卓オリーブ生産者

オリーブ

オリーブ生産のための協同組合であるマルマラビリリック社の取締役ヒダーメット・アーサ氏 (Hidamet Asa)は、 3万2千人の個人パートナーと8つの組合で構成されているマルマラビリリック社が世界最大の食卓オリーブ生産者になったと述べた。
本社がブルサ市にあるマルマラビリリック社は、防腐剤などの添加物が入っていない、自然発酵のオリーブを生産している。国際オリーブ協議会 (IOC) の 事務局長、アブデラティフ・ゲディラ氏 (Abdellatif Ghedira) がマルマラビリリック社を訪問し、この発酵の手法を世界に発信すると言った。

情報源: www.dunya.com
翻訳:M. Ali İnci

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*