ミュージカル「マルコパシャ」が再び幕を開く

喜劇の達人ウユグル氏の息子たちの新制作

トルコ演劇界に於いて「喜劇の達人」と知られるネジャット・ウイグル(Nejat Uygur)氏(2013年死亡)によって長年上演されてきたミュージカル 「マルコパシャ」(Marko Paşa)はその息子たちスヘイル・ウイグル(Süheyl Uygur, 57) 氏とベヒザット・ウイグル(Behzat Uygur, 52)氏の新解釈の本に開催さえる。二人兄弟運営の演劇団(Uygur Tiyatro)によってトルコ伝統的演劇の大切な一例として上演される。

フランツ・フォン・ションタン(Franz Von Schönthan)とグスタフ・カデルブルグ(Gustav Kadelburg)の演劇作品がネジャット・ウユイル氏によってトルコ語に翻訳され、トルコ人向けに脚色された。15曲で形成された音楽は即興劇と現代演劇を融合させる当歌劇の強みでもある。

 

上演日:9日3月 (水) 20:30

場所: KKM Gönül Ülkü ve Gazanfer Özcan Sahnesi

上演日: 20日3月 (日) 17:00 / 2日4月 (土) 20:30 / 24日4月(日) 17:00

場所: Profilo Kültür Merkezi

 

翻訳:Buse Alan
情報源:http://www.biletix.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*