トルコ人作家がベイリーズ賞選考委員会委員になった

ショートリストに入った11名がデビュー作で参加

エリフ・シャファック, Elif Şafak

イギリスで最も権威ある文学賞の一つであるベイリーズ賞(Baileys Women’s Prize for Fiction・2014年以前にオレンジ賞)の選考委員会に世界的に有名なトルコ人女性作家エリフ・シャファック(Elif Şafak,44)氏が選ばれた。

ベイリーズ賞は女性作家(国籍不問)が英語で執筆し、前年イギリスで刊行された創作長編小説のうち、最も優れたものに与えられる賞である。

今回の受賞候補に名人作家ケイト・アトキンソンやアン・エンライトなどの作品も上がっている。選考委員会の新メンバーエリフ・シャファック氏は「今回、170以上の候補作が委員会の検討対象になった。ショートリストに入った20人のうち11名がデビュー作で参加している。ベイリーズ賞は文学界に於いて男女平等を強調するので我々にとって欠かせない存在である。」と語った。

翻訳: Güneş Sargüney

情報源: http://www.radikal.com.tr

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*