世界最大!「古代ローマの難破船博物館」がイスタンブールに

古代の難破船36隻も展示!

難破船博物館, Batık Müzesi

ボスポラス海峡を横断する海底鉄道トンネル「マルマライ」の工事中に出土した東ローマ帝国 時代の最古の港である4世紀の「ポルトゥス・テオドシアクス(Portus Theodosiacus /テオドシウス港)」の発掘調査に発見された文化財が現地で展示される。その中で特に36隻の難破船が注目される。新博物館プロジェクト「アーケオパーク・ミュージアム」の工事が3月末から発掘現場でもあったイスタンブール・イェニカプ区で始まる予定である。

「アーケオパーク・ミュージアム」は世界最大の難破船コレクション誇る博物館となる。発掘作業中に立てられた本博物館計画に基づいて現在一時的にイスタンブール考古学博物館で保管されている36隻の難破船に加えて4万5千の遺物が展示される予定である。

翻訳: Güneş Sargüney

情報源: http://www.denizhaber.com.tr

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*