トルコのアパレルメーカーLC Waikiki 成功の秘密

すべての人のブランドになることを目指して

ブルームバーグビジネスウィーク』誌がLC Waikikiの話を、「保守的なファッションがトルコの羊飼いをどうやって大金持ちに変えたのか?」という言葉から始めた。

国内で413箇所に店を持つLC Waikikiは昨年のトルコリラの下落にも関わらず、24パーセント増の70億リラの利益を上げた。

ブルームバーグの世界長者番付によると、バハップ・クチュク(Vahap Küçük,74)氏の資産は4億ドルであり、かつて羊飼いをしていた彼の兄弟のムスタファ・クチュク(Mustafa Küçük)の資産は17億ドルであると予想されている。

ブルームバーグの分析によれば、LC Waikikiがトルコでファッションを「民主化」したことの証拠として引用したのが、アメリカのHot TopicsやWet Sealで務めた後、Waikikiの製造部門のチーフに就任したマリア・コンフォートの「保守的な消費者だけではなく、世俗的な顧客をも視野に入れて、すべての人のブランドになろうと努めている」という発言であった。

翻訳:Tomoka Nishiura

情報源:http://fortuneturkey.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*