イスタンブールの新スイーツ「チュロス」

イスタンブール・ モダ区 『CHOCCA』

メキシコで生まれ、スペインではチョコレートにつけ食べられる「チュロス」のお店『CHOCCA』が、モダ区でイスタンブールに初めて開店した。

観光業起業家オズギュル・イスハクオール(Özgür İshakoğlu)氏はイタリアやスペインなどの様々な国で何年も生活している間にメキシコの町テカテに最も美味しいスイーツ「チュロス」に出会ったと言う。帰国後イスタンブールにスペインなどラテン系の国々で大人気の「チュロス」を売るお店が一軒もなかったことから、「これは絶対トルコ人もみんな味わうべきだ。イスタンブールでチュロス屋を開こう」と決意し最近流行のモダ区を選んだ。

チュロスは、トルコのドネルケバブ屋さんの様にスペインのマドリッドやトレドを初め各地で売られるとてもポピュラーなスイーツである。トルコ・アンタキヤ市のズンギュル、イスタンブールのハルカタというスイーツにも似ている。ただ、これらとの違いであるチョコレートソースにつけて食べるというのがチュロスの特徴である。

このお店ではチュロスの他にもパンナコッタやティラミスなど、オーガニック食材を使った様々なスイーツがある。

 

翻訳:Wataru Ishikawa

情報源:http://www.hurriyet.com.tr

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*