スーパースポーツ世界選手権でトルコ人オートバイ選手ソフオウル2位

世界トップパイロット4位

ケナン・ソフオウル

スーパースポーツ世界選手権でKawasaki Puccetti Racingチームのトルコ人オートバイ選手のケナン・ソフオウル(Kenan Sofuoğlu)氏はタイで行われた第二期レースを2位で終えた。

ゴールまで2周を残したところで1位になったクルーゼル(Jules Cluzel)選手がそのまま一位を守りきった。最後の数メートルまで続けられた2位決定戦をソフオウル選手が制した。

クルーゼル選手の0.8秒後にいたソフオウル選手の0.14秒後にゴールしたジャコブセン選手が3位となった。レースを4位で終えたクルムメナージェル選手はポイントを38にまであげて、トップパイロット1位としての成績を維持した。スイス人パイロットを27ポイントをもってジャコブセン選手が、25ポイントをもってクルーゼル選手がそのあとを追った。オーストラリア戦からポイントなしに戻ったソフオウル選手も同リストで20ポイントをもって4位の占めている。

翻訳:Süleyman Yeşiloğlu

情報源:www.fanatik.com.tr

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*