紅茶メーカーチャイクル社は生産能力を上げる

生産能力一日8.650トン

チャイクル社の社長イムダツ・スツルオール

チャイクル社内のブリーフィングルームに行われた記者会見では、チャイクル社の社長イムダツ・スツルオール(İmdat Sütlüoğlu、63)氏は、当社の茶葉日産能力が毎年上がっていると指摘し、「前に6千トンであった日産をまず8千トンにまで上げました。更に今年は、一日に当たりの加工能力を650トンも上げ日産を8千650トンに仕切った。これからは1万トンレベルの目標を達成するための動力をし続けるつもりです」と述べた。

翻訳: Pınar Uysal

情報源: http://www.dunya.com/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*