第25回イスタンブール日本語弁論大会

トルコ経済新報の編集者はBカテゴリーの1位・2位・3位と審査員特別賞獲得

2016年3月13日、イスタンブール日本国総領事館の主催で、イスタンブール日本語弁論大会実行委員会によって、バフチェシェヒル大学(Bahçeşehir University) ファズル・サイ・ホール(Fazıl Say Sahnesi)にて第25回イスタンブール日本語弁論大会が開催された。本大会は、トルコ航空イスタンブール日本人会、バフチェシェヒル大学、芸文館日本研究学会、日土夫人協会の協賛により行われた。

「イスタンブール日本語弁論大会」は、1991年に始まった以来、四半世紀の歴史を誇る、世界でも有数の日本語スピーチコンテストである。今年は25周年という節目の年を迎え、記念品として来場者全員には芸文館から手作りの名刺入れが贈られた。また、休憩時間にはイスタンブール日本国総領事館専属料理人が、寿司や唐揚げ、焼き鳥をふるまい、来場者を楽しませた。

各弁士の日本語学習歴に応じてAカテゴリー(初級者)とBカテゴリー(中・上級者)の2つのカテゴリーで弁論が行われ、Aカテゴリーから11名、Bカテゴリーから9名、合計20名の弁士が日頃の日本語学習の成果を披露した。弁士は、ボアジチ大学チャナッカレ大学エルジエス大学アンカラ大学、そして一部は私立高校の生徒であった。

イスタンブール日本国総領事館総領事江原功雄氏、日本語弁論大会実行委員長エルドアン・真理子教授、イスタンブール日本人会会長増子隆太郎氏からのあいさつがあったのち、弁論が始められた。

各カテゴリーの弁論が終了した後、審査が行われ、結果発表と表彰式が行われた。

結果は以下のとおりである。

Aカテゴリー

最優秀賞 ギョクハン・オズベッキ (Gökhan Özbek)

2位 チャーラ・キュルクル (Çağla Kürklü)

3位 バルシュ・エメクタル (Barış Emektar)

審査員特別賞 ウルマック・ビリズ (Irmak Biriz)

Bカテゴリー

最優秀賞 ムハンマド・アリ・インジ (Muhammed Ali İnci)

2位 アフメット・ジャン・ハラット (Ahmey Can Halat)

3位 ミラッチ・アイベルク・サニソール (Miraç Ayberk Sanisoğlu)

審査員特別賞 プナル・ウユサル (Pınar Uysal)

torukokeizai.アリ表彰

各カテゴリーの最優秀賞には、協力のトルコ航空より「トルコー日本往復航空券」が贈られた。また、出場者全員に参加書の故に書籍と記念品も贈られた。

最後に、審査委員長海島健氏から講評があり、閉会した。

トルコ経済新報一同、弁士の皆様のご健闘を讃えたいと思います。

 

投稿: Buse Alan, Tomoka Nishiura

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*