国際不動産見本市MIPIMフランスでのトルコの注目度は?

96平米のイスタンブール市模型が展示

3/15~18にかけて建築・不動産の投資に関するイベント、MIPIM2016がフランス・カンヌで開催された。

昨年のMIPIMでは、多くの新事業がプレスリリースされる中、イスタンブール商業会議所のブースに大きな関心が集まっていた。今年もイスタンブールのブースは685㎡で、中に96㎡に及ぶ広さのイスタンブール市の模型が展示された。トルコからは22社がブースを設置し、トルコ社の総参加数は169社になった。今年もイスタンブールのブースが注目され、トルコ不動産業界を国営企業「公衆住宅開発公社」(TOKI)と「不動産投資信託会社エムラク・コヌツ」(Emlak Konut GYO)が先導した。

 

翻訳:Keisuke Sasaki

情報源:http://www.turkiyegazetesi.com.tr

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*