モバイルデバイスを介しての決済が増加

生活必需品もネットで決済

市場調査会社GfKが18歳以上を対象に1000人から聞き取り調査を実施し、まとめた消費活動報告によると、トルコではインターネット利用者の3人に1人が昨年よりも多く、モバイルデバイスを介して支払いをしていることが明らかとなった。この半年間で、インターネット上で決済が行われたものの中で最も多かった分野は、旅や娯楽関係で66パーセント、次いでファッション部門が55パーセント、その次に家電や金融サービスがあとを追うかたちとなった。調査の参加者の過半数が、必需品や生活に欠かせないサービスのほとんどをインターネットから購入できることを明らかにした。一年前に比べ、ネットショッピングでどんなアクティビティをするようになったかという質問に対し、「インターネットで商品を検索するようになった」という回答が62パーセントにものぼった。

翻訳:Tomoka Nishiura

情報源:http://www.milliyet.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*