優しいデザイナーが体の不自由な猫向けの車椅子を設計

一匹を助ける予定だったのが、今まで何匹も

Agop Kuyumcuoğlu

宝飾デザイナーであるアゴップ・クユムジュオール(Agop Kuyumcuoğlu)氏が友人の不自由な猫を助けるために車椅子を作った。その後、「他に猫車椅子が欲しい方がいましたら、私にメッセージを下さい。」とフェイスブックに載せた。が、フェイスブックから意外と沢山のメッセージが届き、約束を守るためにクユムジュオール氏が毎日仕事の後に猫車椅子を作ることにした。
毎日届いている沢山のメッセージに対しては、クユムジュオール氏が「元々、猫車椅子を作ることはただの趣味でした。でも思った以上にメッセージが来て、驚きました。助けたい不自由な猫が何匹もいるので、今後はもっと作りたいと思います。」と述べた。

翻訳:Ahmet Can Halat

情報源:https://yesilgazete.org/

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*