トルコ人技術者がキノコから電池を開発!?

環境に優しい、そして高性能な電池

Cengiz Özkan教授

米国に住んでいるトルコ人のジェンギズ・オズカン(Cengiz Özkan)教授が世界中で食料品として良く使われる「ポートベローマッシュルーム」から電池を開発した。当電池が「環境に優しい」特徴を持ち、普通の電池と比べて高性能である。

カリフォルニア大学・機械工学専攻の教授であるオズカン氏がナノテクノロジー、そしてエネルギー貯蔵システムの開発でも研究を進め、今年、アメリカ合衆国国家技術者議会から「有数の技術者賞」を受賞した。

翻訳: Ahmet Can Halat

情報源: http://www.turkiyegazetesi.com.tr/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*