パッケージサイズを縮小、オリーブ事業を拡大

生産量3万トンから5万トンに

マルマラビリリック社

最近、世界最大の食卓オリーブ生産者となったトルコのマルマラビリリック社は消費者にもっとよく訴えるため生産するオリーブのパッケージサイズを小さくした。それで、生産量も増加されると考えた当社の取締役ヒダーメット・アーサ氏 (Hidamet Asa)は千万リラ(約3.9億円)の機械投資を今月末まで完了させると述べた。それに伴い3万トンの生産は5万トンまで及ぶと予測されている。

当社はパッケいーじサイズを小さくして新しいサイズで使い捨ての食卓オリーブやオリーブペーストを生産する。

(マルマラビリリック社の前のニュースを、こちらでご参照ください)

翻訳:M.Ali İnci

情報源: www.dunya.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*