アイドゥン県のイチゴ、イラン・イラクへ輸出

今季 天候条件、美しさ、生産高からみて、ここ数年で最もいい季節

アイドゥン県で生産されている最も重要な果物の一つ、イチゴの収穫期が始まった。今季は、天候条件、美しさ、生産高からみると、ここ数年で最もいい季節となった。

最もアイドゥン県のイチゴを生産しているスルタンヒサル市、アトチャ市、イェニパザル市、キョシュク市の周辺にある約15000エーカーの畑でイチゴの収穫が始まった。ロシアとの一連の危機ののち、イチゴを輸出する際に危惧されていた問題は、代替市場を見つけることによって解決された。今季最初に収穫されたイチゴは、イラク・イランに輸出され、ロシアでも代わりのルートから輸入されたトルコ産イチゴが消費されていることが明らかとなった。現在、イチゴ市場ではスペインがトルコの主な競争相手となっている。

翻訳:Tomoka Nishiura

情報源:http://www.yeniasir.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*