春の訪れとともにチャーラがやってきた!

チャーラ(çağla)=アーモンドの実

チャーラ(Çağla)

トルコで春の訪れとともに売り場に現れるのが、チャーラだ。一年にたった2週間しか食べごろがないチャーラであるが、最も早く旬が訪れる果物の一つでもある。

チャーラは食卓においてサラダによく使われる。不眠症、疲労感、めまいといった症状に効果がある。アーモンドはまず、甘いアーモンドと苦いアーモンドの2種類に分けられる。美味しくて栄養価が高い甘いアーモンドの方は、乾燥させて前菜として食べられ、またスイーツとして砂糖やチョコレートにも使われる。アーモンド油はというと、化粧品や香水産業に使われる。またアーモンド油には下剤としての効用もある。擦り傷や切り傷に塗ることで治療効果もある。水などで薄めて飲むことで咳や喉の痛みにも効果がある。

※日本ではチャーラはアーモンドや杏のまだ熟してない若い実として一部知られているが、市場には出回っていない。

翻訳:Wataru Ishikawa

情報源:http://www.gidagundemi.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*