未来のテキスタイル展「 Futuro Textiles 」がCerModernにて開催中

幅広い使用範囲の布

展覧会の開会式からの写真

布の使用範囲と原料をテーマにした作品が展示される「FuturoTextiles展」が、フランス文化センターの主催でアンカラCerModernにて開催中。

数多くの美術ファンが参加した開会式で、キュレーターのキャロライン・デヴィッド(Caroline David)氏は、当展覧会の目的が布の原動力を表すことだと告げた。また、当展覧会では、フランスに加えてトルコや他の国々による布の使用に関する見本もあると話した。

布とは、衣服だけでなく建築や芸術から、建設や装飾に至るまで幅広い分野にわたり使用可能な多目的なものだと示したデヴィッド氏は、原料が限られるため、再利用して作られるテキスタイル品の利便性を見せることが当展覧会のもう一つの目的だという。

開催日時:2016年4月2日~5月12日 (10:00~20:00) ※月曜休館

観覧料:一般15TL、学生・シニア(65歳以上)10TL。※10歳以下は無料

翻訳:Aslı Kubilay

情報:hurriyet.com.tr/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*