世界園芸博覧会アンタリアにて開催中

参加する国が大阪の国際花と緑の博覧会の後二番目に多い

世界園芸博覧会(EXPO 2016 Antalya) は、開始後160年間の歴史二於いて始めてトルコで開催される。アンタリア園芸博覧会は、アンタリア県のアクス市内で建設された112万平米の面積の敷地に開催、4月22日(金)のスタート後191日間オープン予定。

テーマが「花と子供」であり、「将来の世代のため、緑の世界」をスローガンとしたアンタリア園芸博覧会でトルコは歴史的・文化的遺産、生物の多様性、農業的・経済的ポテンシャルを世界に紹介する予定である。

当博覧会では、6ヶ月館内に国内や国際的コンサート、会議、シンポジウム、ダンスショー、ミュージカル、演劇などの催し物も行われる。アンタリア園芸博覧会を来客数は800万人を超えると予測される。

今まで行われた園芸博覧会二於いて参加国数が最も多いのは78カ国で1990年の大阪の国際花と緑の博覧会であった。アンタリア園芸博覧会は、これに次いで参加する国が二番目に多かった。アンタリア園芸博覧会に参加するために、今まで51カ国が契約済みである。当博覧会では各国の庭園デザインのディスプレイ、テーマ別庭園やコレクション庭園などもあり、数百種ものローカル植物も観賞できるようになる。

翻訳:Miraç Ayberk Sanisoğlu

情報源: www.dunya.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*