学校の食堂で家庭料理を

子供達の食生活をサポート

「学校へ家庭料理を」プロジェクトに3年間関わっているイスタンブール食品製造者組合連合(Yemek Sanayicileri Dernekleri Federasyonu)はプロジェクトのためのモデル地区としてイスタンブールを選んだ。

イスタンブール食品製造者組合連合は学生たちをファーストフードを食べる習慣から救うた目標を持つ当プロジェクトを実現するため健康省、国民教育省と財政省とも話し合いを続けている。取締役会長セダット・ジンジルクラン(Sedat Zincirkıran)氏は、子供達は栄養面で地道に作成されるメニューによって養育される必要があると話し、プロジェクトが実現すれば、学生たちに与えるメニューは地域によって変わるようになると述べた。食堂では一回の食事で4品与えられる予定で、メニューには健康的な家庭料理には欠かせないタルハナ、レンズ豆、チキン、エゾゲリンなどあらゆる種類のスープが載る予定だ言う。

 

翻訳:Wataru Ishikawa

情報源:http://www.gidagundemi.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*