「トルコ近代絵画の傑作展」がアンカラCerModernにて展示中

トルコにおける美術運動や近代絵画の流れが辿れる

トルコ共和国中央銀行コレクション「傑作展」

5月6日よりアンカラ市CerModernにて開催中の当展覧会は、海外でも様々な国で展示され注目を浴びたトルコ共和国中央銀行コレクションからセレクトされた作品で構成されている。

当展覧会には、抽象絵画運動をトルコで代表する画家エロル・アクヤワシュ(Erol Akyavaş)氏、や表現主義的な絵画で知られるアラエッティン・アクソイ(Alaettin Aksoy)の他、セリム・テゥラン(Selim Turan)氏、アビディン・ディノ(Abidin Dino)氏など、主に20世紀後半に活躍した、トルコ近代絵画に於ける著名な画家の最高傑作が並ぶ。

「近代絵画の傑作展」を通じて、作品とともにそれらが作られた時代を覗き、トルコにおける美術運動や近代絵画の流れを辿ることができる。

開催日時:2016年5月6日~7月31日 (10:00~20:00) ※月曜休館

観覧料:一般15TL、学生・シニア(65歳以上)10TL。※10歳以下は無料

翻訳:Aslı Kubilay

情報:CerModern

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*