「いまを生きる」(Dead Poets Society) 演劇パーフォーマンス

ハカン・アルツネル氏が監督の「いまを生きる」は5月〜6月に上演

N. H.クラインバウム氏が書いた小説である「いまを生きる」では、寄宿学校で勉強している思春期の少年が直面している思春期的な困難と少年がそれを打ち勝つ方法が語られる。その寄宿学校で働き始めたジョン・キーティング先生は生徒たちに新しい視点を与え、思春期の生徒を詩の世界に連れていく。

N. H.クラインバウム氏の「いまを生きる」は、ゴキュチェ・ビチェル氏によって演劇化され、5月〜6月にイスタンブールツランプ文化・パーフォーマンスセンター(Trump Kultur ve Gosteri Merkezi)にて観客と会う。

パーフォーマンス日:

5月18日(水)・31日(火)

6月16日(木)

 

翻訳:Pınar Uysal

情報源:http://www.biletix.com/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*