「バンクシーの芸術」展が開催中!

名作「赤い風船の女の子」を通じてバンクシーのマインドへの旅

神秘的なストリートアーティストであるバンクシーの世界中から収集された有名な作品が展示される「バンクシーの芸術」展のワールドプレミアがイスタンブールで行われ、当展は1月14日から5月31日(火)までグロバルカラキョイ(Global Karakoy)で開催中である。展覧会の学芸員をスティーブ・ラザリデス(Steve Lazarides) 氏が務める。

当アーティストの様々な時期の作品やインスタレーションが現代技術を利用して展示される。「赤い風船の女の子」、「今笑え!」、「メイド」などの名作をも含む85点の作品が芸術愛好家と会う。学芸員ラザリデスのプライベートコレクションからの作品のみならず、世界中の様々なコレクションからの作品も展示されている。

反戦的で環境保護や動物の権利に関する作品を作り出しているバンクシーのこの展覧会は、単なる展覧会の枠を越え、観客の視力感だけでなく、触感・聴覚感をもアピールするユニークな経験を約束する。
翻訳:Pınar Uysal

情報源:http://www.biletix.com/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*