ホンダトルコ社活気付く

新型シビックの生産によって生産量と輸出量を倍増予定

コジャエリ市での工場で新型シビックを試作し始めたホンダトルコ社は、今年の四半期で大量生産に入る計画を立てている事が分かった。大量生産開始とともに、工場でのシフト数が2倍も増え、現在800人である雇用者数が次第に1.200人まで上昇する予定である。現在106車である一日当たりの製造台数は2倍となり、総生産量は2017年に年間3.5万台にまで達するという。

既に30ヶ国に輸出している当社は、新型シビックをヨーロッパ以外にアフリカや中東諸国などに輸出する目的を持っている。この目的が実現されれば、ホンダトルコ社の工場は高稼働率で動き、年間5万台の製造台数を達するという。

2015年度にホンダトルコ社の生産量は年間12.667台まで下がっていた。
翻訳:Pınar Uysal

情報源:http://www.sabah.com.tr/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*