ビタミンDがアルツハイマー病の予防に有効?

ビタミンDが不足するとアルツハイマー病になる可能性が2.5倍高まる。

イスタンブール大学医学部のセルマ・ユルマゼル(Selma Yılmazer)教授、エルディンチ・ドゥルスン(Erdinç Dursun)助教授、そしてドゥイグ・ゲゼン(Duygu Gezen)助教授の研究により、ビタミンDが不足すると、アルツハイマー病になる可能性が2.5倍高まることが明らかになった。

ユルマゼル教授はこの研究によって『ビタミンDがアルツハイマー病の予防に有効だということが初めて証明された』と発表した。この研究はTUBITAK(トルコ科学技術研究会議)とイスタンブール大学の協力で行われたものである。

翻訳者:Ahmet Can Halat

情報源:http://www.tubitak.gov.tr

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*