サルチャ(トマトペースト)が中国に浸透した

トルコ輸出業界の功績

サルチャ(トマトペースト)と10年前に知り合った中国がその消費を増やしていることで、トルコ輸出業者は喜んでいる。

10年前にはサルチャなどどこにも全く見られなかった中国で、2015年にサルチャ消費量が25万トンに達した。これまで長い間サルチャを使用してきたトルコではというと、年間15万トンのサルチャが消費されている。10年前には年間1万トンの消費量だった中国がこれほど急速に消費を増やしたため、トマト産業において世界で5本の指に入るトルコがこの国に集中する結果を生んだ。現在中国のサルチャ生産量は自身の消費量に届いており、海外にも売る能力があるほどである。しかし、毎年その消費量が2,3倍ずつ増えているため、5年以内にその生産が追いつかなくなるであろうと予想されている。そのため中国は今後、トルコからのサルチャ輸入が不可欠なものである。

消費を増や

翻訳:Wataru Ishikawa

情報源:http://www.mutfakhaber.net

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*