キリス市の古民家、観光資源となるか

保護・修復が必要不可欠

キリス市にある、歴史的、観光業的価値がある古い住宅・邸宅群への注目が期待されている。キリス市民は住宅群が修理され、ブティックホテルに改装されることを望んでいる。セルジューク・オスマン期のキリスの住居には当時の日常生活をしのばせる小道具も残っている。数軒の庭付き住居には2つの食卓、2つの浴室があることから夏用と冬用の部分に分けていたことが分かる。さらには、材料に石材が使われているため、夏には涼しく、冬には暖かく過ごすことができた。

このような歴史的住居の数軒は外部、内部が朽ちており、歴史的、観光業的観点から保護の対象に含めるべきことは明らかである。

翻訳:Keisuke Sasaki

情報源:http://beyazgazete.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*