マリオ・プラシノスの特別展「画家の足跡を追って」が開催

超現実主義から現実主義へとシフト

「ある画家を追って:イスタンブール・パリ・イスタンブール」

イスタンブール生まれパリ育ちの芸術家マリオ・プラシノス(Mario Prassinos, 1916–1985) の特別展「画家の足跡を追って:イスタンブール・パリ・イスタンブール」がイスタンブール・ベイオール区のペラミュージアム(Pera Müzesi)にて2016年5月25日にオープン。本展覧会は2016年8月14日まで見られる。

本展覧会はプラシノスの20世紀のパリのアバンガード芸術家の中で始まったキャリアを追って、彼の絵画、イラスト、タペストリー、肖像画や彫刻などの作品を通して超現実主義から現実主義へとシフトするアプローチとプラシノス独特のキャラクターを表す。

観覧料:大人20TL、学生10TL。(毎週金曜日18:00~22:00無料)

毎日:10:00~19:00 (日~18:00まで)※月曜休館

翻訳: Güneş Sargüney

情報源: http://www.peramuseum.org

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*