トルコ最大太陽光発電所開設!

コンヤ県で430万平米の敷地に

コンヤ(Konya)県のカラタイ(Karatay)市で430万平米の敷地に設置されたクゾレン(Kızören)太陽光発電所が開設。テクノ社グループ(Tekno Şirketler Grubu)取締役のアルタイ・ジョシュクンオール(Altay Coşkunoğlu)氏は、当太陽光発電所が22.5メガワットの電力でトルコ最大になると述べた。

太陽光発電がトルコの利点であることに注目を引いたジョシュクンオール氏は、「太陽光発電には明るい未来がある。これから太陽光発電テクノロジーがどんどん開発されていくに違いない。トルコは、太陽エネルギーからみると豊かな国だ。欧州諸国の中で、太陽光率の点で、トルコは最適な地域に於かれている。現在、トルコの様々な地域に合わせて400メガワット電力の太陽光発電所があるが、クゾレン太陽光発電所のインフラは最先端である。トルコ製ソフトウェアを採用しているシステムで、パネルが遠くからチェックでき、発電データが観測することができる。」と説明した。

ジョシュクンオール氏は、「太陽光発電所の場所としてなぜコンヤを選択したんですか。」という質問に対し「結局、原材料は太陽光だ。コンヤは太陽光率が高く、平らだから、最適な位地である。」と回答した。

翻訳:Miraç Ayberk Sanisoğlu

情報源: www.aljazeera.com.tr

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*