トルコ製向日葵蜂蜜ヨーロッパで大人気!

ドイツとオランダを初めヨーロッパの20カ国に輸出

アクサライ(Aksaray)県に、向日葵畑の周辺に設備された養蜂箱で毎年生産されている450トンの向日葵蜂蜜は、国内需要が高くないが、ドイツとオランダを初め、ヨーロッパの20カ国に輸出されている。

アクサライ養蜂家協会長レフィック・イチュリ(Refik İçli)氏は、「中国は700万箱の養蜂箱数で世界で最も多くの養蜂箱を持っている国であり、中国に次いで500万箱でトルコは世界二位を占める。しかし、生産量からみると、トルコは世界5位である。それは、養蜂箱に当たる能率が低いためである。」と公表した。

蜂蜜の美味しさと質が花の多様性に関わっていることを強調したイチュリ氏は、「ヨーロッパに凡そ1400種の花がある一方、トルコに6000種の花がある。花多様性はこの地域(アクサライ県)に本当に高い。向日葵農業もこの地域に人気だ。これは向日葵蜂蜜生産に良い影響が及ぼす。養蜂家は向日葵畑の近くに養蜂箱を設置して、上質の蜂蜜を作っている。向日葵蜂蜜は、質が最も良い蜂蜜種の一つで、独特の色、味、香りがあって、外国で人気が出ている。この地域に、年間450トンの向日葵蜂蜜が生産され、これの9割弱がドイツ、オランダ、デンマークを初めヨーロッパの20カ国に輸出されている。」と述べた。

翻訳:Miraç Ayberk Sanisoğlu

情報源:www.dunya.com

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*