TUBITAKの提供でトルコ初の人型ロボット

百万ドルかかった大プロジェクト。

サバンジュ(Sabancı)大学メカトロニクス学部のケマレッティン・エルバツル(Kemalettin Erbatur)助教授の指導で、SURALPという人型ロボットが開発された。エルバツル氏はSURALPについて『当プロジェクトには百万ドルの費用をかけ、TUBITAK(トルコ科学技術会議)の提供で、5年間で終了した』と述べた。

SURALPは身長は164センチメートル 、重さは144キロであり、ダンスをしたり、ゴミを捨てたりできるという。

翻訳者:Ahmet Can Halat

情報源:http://www.tubitak.gov.tr/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*