図書館の悩み~無くなる本は新しい事業を生み出した

素材はシナノキ

若い起業家であるムスタファ・バイラクタル(Mustafa Bayrakdar) 氏とムスタファ・ツルグット(Mustafa Turgut)氏が開発した個人用印章のお蔭で「個人蔵書の本はもう簡単に無くならない!」と言う。

二人の起業家はインターネット上で販売し始めた木材(シナノキ)の印章は、各本に個人性をもたらし持ち主を明確にするため短時間に人気になり、トルコだけでなく、ドイツ、フランス、英国などのヨーロッパの国からも注文が入っている。

 

翻訳:Pınar Uysal

情報源:http://www.dunya.com/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*