11 月の消費者物価指数、0.52%上昇

本年末時点で年率 7.70%の見通

TUIK によれば、11 月の消費者物価指数は前月比0.52%上昇(予測は0.80%)に留まり年率7%、本年末時点では
7.70%となる見通しとなった。国内生産者物価指数は前月比2%上昇し年率6.41%となった。最も上昇したのが衣料
品の3.89%で、他に娯楽教養が1.25%、サービスが1.16%、住居が0.87%、通信が0.64%上昇。一方、最も価格が下
落したのが食料品で0.58%。年率で最も価格が上昇したのがアルコール類とたばこで22.61%上昇。

 

イスタンブールウィークリー(Vol5.No.41)

12 月5 日付Milliyet紙インターネット版

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*