日本でオスマン帝国時代のコイン発見

ビザンチン時代のコインも

沖縄県の勝連城跡で行われた出土調査で、オスマン帝国やローマ帝国時代のコインが発見された。ローマ皇帝コンスタンティヌス1世の署名が記されている4枚の銅貨とともに、17世代に製造された、オスマン帝国時代の署名がある6枚のコインが発掘された。現在、日本人の専門家らは、その年代にローマ帝国とオスマン帝国のコインがどのように沖縄に届いたかを調査している。

勝連城は日本と当時の中国の間で重要な貿易港であった。しかしながら、その年代に沖縄がヨーロッパと貿易を行ったことが確認できる資料はない。出土調査主任の横尾昌樹氏は「勝連城が西洋との接点を持っていたことは確かだ。」とした。

翻訳者:Buğra Bulut

情報源:http://www.sabah.com.tr/

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*