トルコ柔道会の最大イベントが行われた

40か国から330人の選手が参加

2013年以来サムスン県で開催される柔道グランプリ競技が今年は4月7日‐9日の間にアンタルヤ県で行われた。

イスタンブールとアンタルヤにあるトルコ競技準備センターで訓練した男女のナショナルチーム選手は、準備が終了した後アンタルヤに行った。トルコ柔道連盟・会長Sezer Huysuz(セゼル・フユスズ)氏は、「トルコの最も重要な大会である2017年アンタルヤ柔道グランプリには40か国から330人の選手が参加した。当イベントは2020年東京夏季オリンピックへの準備でもあると同時に、ワールドランキングにおいて得点を競う競技であるため、グランプリの重要性がより高まった。政府の協力やオリンピックや世界またはヨーロッパのチャンピオンたちの参加のお陰で良い競技になった。」と述べた。

トルコ柔道女子ナショナルチームコーチのMustafa Birinci(ムスタファ・ビリンジ)氏は、「目標は2020年夏季オリンピックに参加する中核選手をこの競技で決めることである。」と話した。

 

翻訳者:Buğra Bulut

情報源:www.haberler.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*